ピッキングしやすい鍵があるため鍵紛失をきっかけに鍵交換をしよう

ピッキングされやすい鍵の種類とは?

鍵交換を検討する際は、選ぶ鍵の種類に気をつける必要があります。一般的に使用されている鍵はピッキングされる可能性が高く、あまり交換をおすすめすることはできません。ここでは一般的に使用されている鍵を紹介します。

一般的に使用されている鍵の種類

ディスクシリンダー
日本の多くの住宅で使用されている鍵で、家の鍵と言われてほとんどの人が想像する形はこのディスクシリンダー錠の鍵です。この鍵はピッキングして侵入する空き巣にとってはとても簡単に開けることが出来てしまいます。さらに使い続けると鍵穴にはゴミなどが詰まったり、鍵はすり減ったりして鍵が開けられなくなるトラブルも起きます。
ピンタンブラー
ディスクシリンダーが両サイドにギザギザと並が刻まれているのに対して、ピンタンブラーは、片方にしか刻まれていません。もう片方はまっすぐな形です。このピンタンブラーもディスクシリンダーのように一般的な戸建てやマンションで使用されています。ディスクシリンダーよりもピッキングはされにくいが、防犯性にかけてしまします。

泥棒も住宅を見極めている

鍵

ドアを壊したりするには、大きな道具を持つ必要があったり、壊す際には大きな音が出たりして、空き巣犯にはリスクが大きくなってしまいます。それに比べ、コンパクトに収められ、音も出ないピッキングという手口を選ぶのです。そのため、ピッキングしやすい住宅を優先的に選びます。空き巣犯にとっては鍵穴を見ればピッキングしやすいかどうかが一目瞭然であるため、防犯性の高い鍵を交換して泥棒の侵入を未然に食い止めることが大切です。

TOPボタン