補助錠を鍵付きのものにすると鍵紛失したときに大変です

より高い防犯性を求めるなら「1ドア2ロック」

自宅に今よりも高い防犯性を求めるなら、「1ドア2ロック」にすることで今よりもさらに防犯性が高まります。

1ドア2ロックとはなんですか?
1ドア2ロックとは、その名の通り1つのドアに対して鍵を2つ付けることです。2つの鍵というのは、今ついている鍵に追加で補助錠を付けることです。空き巣は侵入に時間がかかると犯行をあきらめます。警視庁の調査では、侵入に5分以上かかる場合には約70%の空き巣が犯行をあきらめ、さらに10分かかると約90%の空き巣が犯行をあきらめます。空き巣は鍵を開けるために3分しか時間をかけないようです。1つの鍵を開けることを3分と考えると2ロックにすると6分かかるため、付けるだけで犯行をあきらめさせることができます。
おススメの補助錠はありますか?
2つにするだけで良いなら簡単なものを付けるだけで良いと考える人も少なくはありません。しかし、補助錠だからといって気を抜かずにオートロックシステムのものを取り入れましょう。オートロックの補助錠にすることでピッキングやサムターン回しによって鍵を開ける空き巣犯を防ぐことができます。さらにオートロックシステムであれば補助錠を付けることにより鍵が増やすことがありません。そして簡単に取り付けることが出来るため、補助錠に向いています。

失敗のない鍵交換のためにも相談窓口を利用しよう

鍵を交換するにもどのような鍵にするのか、交換するのか補助錠にするのかなどいくつか考えないといけません。防犯のためにも適切なものを取り付けたほうが良いです。失敗のない鍵交換のためには、自分だけで判断せずプロのアドバイスを聞きましょう。プロに相談することで、住宅の形状や周りの環境に適した交換プランを提案してもらうことができます。安心できる鍵交換にするためにも専門知識のあるプロの鍵屋に相談して決めるといいでしょう。

TOPボタン